2019年1月20日日曜日

An Installation of OpenCV4 on Raspberry Pi 3B+

OpenCV4に本格的に移行する為に、Buldする

真っ新のRaspiにインストールする。
これは僕のやり方なのでディレクトリーは読み替えて下さい。

cd
time sudo apt install -y \
    build-essential cmake pkg-config \
    libjpeg-dev libtiff5-dev libpng-dev \
    libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev \
    libxvidcore-dev libx264-dev \
    libgtk2.0-dev libgtk-3-dev \
    libcanberra-gtk* \
    gfortran \
    python2.7-dev python3-dev \
    libavresample-dev libtesseract-dev libleptonica-dev \
    libgstreamer1.0-dev  libgstreamer-plugins-base1.0-dev libhdf5-dev \
    libatlas-base-dev liblapacke-dev \
    python3-numpy python-numpy libjasper-dev

大体、7~8分。3B+は早い (^^)

mkdir prj
cd prj

wget https://github.com/opencv/opencv/archive/4.0.1.zip -O opencv-4.0.1.zip
wget https://github.com/opencv/opencv_contrib/archive/4.0.1.zip -O opencv_contrib-4.0.1.zip
unzip opencv-4.0.1.zip
unzip opencv_contrib-4.0.1.zip

cd opencv-4.0.1
mkdir build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release \
    -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
    -D OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=~/opencv_contrib-4.0.1/modules \
    -D ENABLE_VFPV3=ON \
    -D ENABLE_NEON=ON \
    -D BUILD_TESTS=OFF \
    -D WITH_TBB=OFF \
    -D INSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
    -D OPENCV_SKIP_PYTHON_LOADER=ON \
    -D OPENCV_PYTHON2_INSTALL_PATH=/usr/local/lib/python2.7/dist-packages \
    -D OPENCV_PYTHON3_INSTALL_PATH=/usr/local/lib/python3.5/dist-packages \
    -D OPENCV_GENERATE_PKGCONFIG=ON \

    -D BUILD_EXAMPLES=OFF ..
make -j4
sudo make install
sudo ldconfig

cd ../samples/cpp
g++ `pkg-config opencv4 --cflags --libs` facedetect.cpp -o facedetect -std=c++11

./facedetect  --cascade="../../data/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" --scale=1.5 ../data/lena.jp

お久しぶりです Lenaさん

Peace!!



2019年1月14日月曜日

これからの生産の自動化

生産の自動化は、どの業種でも、これから大事な事であり、僕もその分野にだんだん足を突っ込んでいる。

まだ、いろいろ自分の考えをまとめている途中だけど、こんな感じで考えている。

・機械が定められた動作を繰り返す

・機械が能力範囲の仕事を自律制御する。つまり、人が制御プログラムを書き換える事がない。かつ、最適解を求めて学習する。

・生産プロセスにおけるバッファ―を人が制御する。

・生産プロセスにおける工程管理を自律的に制御する。

つまり、個の機能とプロセスの機能だけど、この協調が最も必要なのだろうと、、、

これって、実は人の組織と同じで、人が自律的に動き、そして彼らが協調する組織ってやはり、パフォーマンスが高いわけで、、、

このように考えた時、必要になる事がいろいろ見えてくる。

それを、一つ一つ作って、実現するのが今の仕事、、、

世界中に工場を持つグローバル企業と共同研究をする事になった。

また未踏の世界に、足を突っ込んでしまった。

その時のデータ集めに、このロボットが役立つとは、考えてもみなかった。


Peace!!

2019年1月7日月曜日

Memo: /var のram化

lighttpdが立ち上がらなくなり、、、

原因を調べると

立ち上がり時に、/var/log/lighttpd    が無い

ムムム、、、

$ cat /etc/rc.local
............
............
#
# create folder on ram disk
#
mkdir -p /var/log/ConsoleKit
mkdir -p /var/log/samba
mkdir -p /var/log/fsck
mkdir -p /var/log/apt
mkdir -p /var/log/ntpstats
mkdir -p /tmp/motion
chown root.ntp /var/log/ntpstats
chown root.adm /var/log/samba
touch /var/log/lastlog
touch /var/log/wtmp
touch /var/log/btmp
chown root.utmp /var/log/lastlog
chown root.utmp /var/log/wtmp
chown root.utmp /var/log/btmp

setterm -blank 0
exit 0

あれ?
こんな事、誰がしたのかしら、、、???
忘れている

$ cat /etc/fstab
proc            /proc           proc    defaults          0       0
PARTUUID=ec1fea93-01  /boot           vfat    defaults          0       2
PARTUUID=ec1fea93-02  /               ext4    defaults,noatime  0       1
# a swapfile is not a swap partition, no line here
#   use  dphys-swapfile swap[on|off]  for that
tmpfs     /tmp            tmpfs    defaults,size=84m,noatime,mode=1777      0       0
tmpfs     /var/tmp        tmpfs    defaults,size=16m,noatime,mode=1777      0       0
tmpfs     /var/log        tmpfs    defaults,size=32m,noatime,mode=0755      0       0

で、、、/etc/rc.local に2行を付け加えて一件落着

mkdir -p /var/log/lighttpd
chown www-data:www-data /var/log/lighttpd

しかし、自分でいつしたのかしら、、、思い出せない(泣)

Peace!!

2019年1月6日日曜日

Memo: `PNG12_0' not found

何故か、突然、、、

動いてソフトが、簡単に

[1]+  Segmentation fault

詳細確認すると、、、

$ js_main: /usr/lib/arm-linux-gnueabihf/libpng12.so.0: version `PNG12_0' not found (required by /usr/local/lib/libopencv_imgcodecs.so.3.4)

に対して、、、

sudo apt install libpng12-0

一件落着

Peace!!

脱サラして10年目、2019年初頭に、、、

このブログは、2012年7月から始めたけど、ちょうど農業初めて丸々2年。

脱サラして、農業初めて、事業的にもそれなりに、、、

で、ひょんな事で、ロボットの世界に入り、そして製造業サービス、AIと

結局、元の製造業に戻ったわけで、、、

人生って解りません。

ただ、農業には未練もないし、やはり「文化」が違う世界は

しんどいなぁ~と、、、ただ、経験できた事はとっても良かった。

2009年に脱サラしたわけだけど、

で、この10年どうだったのだろうかと振り返ると

・「気張らなくても、自由に、それなりに生きていけるんだぁ」という実感

・「誰もやっていない領域の匂いを嗅ぐ力」これは、本当に大事だと再認識

・対象を分析・構造化し、それをシステムに置き換える力こそ、大事

・大手企業を辞めて .....     やめて自由に生きれた10年最高!!!

でも、誰にも勧められる事はでないなぁとも、、、

まず、会社や、農業もそうだけど、毎日同じ事をする事に、満足している人

ダメですね。

そもそも、会社やルーチンをやめる事は、他に自立できる能力が無いと難しい。

例えば、会社で成功していても、自立したらどうなるというと、、、

日本という社会では難しい

自立できる能力とは、実は答えは上段に書いたのだけど、、、

社会で、0から自立するって、かなり難しい。

これからは、より難しくなると思う。

今年、最初の投稿で、なんか中途半端だけど、、、

自分の思うままに、健康に自由に生きてこれた、この10年本当に幸せだったと思う。

また、続きは改めて、、、

全ては、Raspberry Piからはじまった


現在位置、これから進化・真価へ 

Peace!!