2019年7月11日木曜日

Raspberry Piで製造業向け業務システム開発

主に製造業の業務システムをRaspberry Piを使って開発しています。
それに関係する情報をまとめている

<特徴>
・倉庫管理、製造現場への払いだしをAIAGVを活用し統合的に行うシステムです。
・生産管理システムと連動し、実棚管理を行います。在庫評価シミレーションも行えます。
・各種伝票、倉庫内の部品のシールをスマフォ上でAIを使った自動認識し他システムと連します。
     受注管理システムへの手入力
     従来の棚卸(棚卸表→EXCEL→システム取込み)工程を無くします。
・倉庫管理(受入れ、入出庫:棚管理、製造計画に基づいた払出し)をAIを搭載したスマフォを使って効率的に行います。
AGVとの連携も行い、複数の払出を同時に行います。
・払出し、出庫は最小経路を算出し、スマフォに画面に表示、もしくはAGVのコンソールに表示します。
・電脳(株式会社エクサ)と連携可能です。
・サーバはRaspberry Piを業務システム用にハードウェア面を補強し活用しています。それにより圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。

こんな感じかなぁ(笑)
以下は、その為の要素技術の忘備録、、、

1.MariaDB

コマンドをまとめた
テスト用DBを初期化し作成するシェル
      開発中は、繰り返し使うので便利
shell script で MariaDBにアクセスする
mysqlでインポートしたDBのユーザのパスワード再設定

MariaDB 思いっきりドーンと シェルでtable 作成

2.Android

僕的には超重要 AsyncTaskによるDB非同期処理をListenerを使ってクラス化
重要 Android 非同期処理でサーバサービスを利用する
Android Studioの小ネタ
mlkit#901をシンプルに動かすためのメモ
mlkit#901 シンプルに動かす 変更編
mlkitのPackageを変える(意外と手間)

3. lighttpd

インストール

4. Oracle

SQL*Plusをバッチで自動実行させる為にMinGW環境でsql文を自動生成する

Peace!!

0 件のコメント:

コメントを投稿